Sakura Sunny BLOG | sakura sunny(サクラサニー)は地域に根ざした高齢者(シニア)生活支援サービスを提供しています。

sakura sunny
  • HOME
  • Company
  • MAIL

ビジネスブログ

2020年10月25日 [介護タクシー]

介護タクシーを使える人はどんな人?

介護タクシーを使える人はどんな人「私でも使えるの?」

こういった疑問に答えます。

 本記事の内容
● 介護タクシーを利用できる人
● まとめ

こんな私が解説します。

【プロフィール】
介護施設選び累計相談依頼、千本越え「介護の知識ゼロ方でも、あなたに合った施設が見つかる」をもっとうに。
また、介護経験無しから施設長へ、施設運営全般の経験を生かしシニア世代の安心生活サポートをしております。

こういった背景の私が、今回は「介護タクシーを利用できる人」についてサクッと解説していきます。

一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送限定用)の「取扱う旅客及び使用車両の範囲」の
「1.対象となる旅客は、以下に掲げる者及びその付添人とする。」の内容が下記です。

(1)介護保険法(平成9年法律第123号)第19条第1項に規定する要介護認定を受けている者
(2)介護保険法第19条第2項に規定する要支援認定を受けている者
(3)身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第4条に規定する身体障害者手帳の交付を受けている者
(4)上記(1)〜(3)に該当する者のほか、肢体不自由、内部障害、知的障害及び精神障害その他の障害を有する等により単独での 移動が困難な者であって、単独でタクシーその他の公共交通機関を利用することが困難な者
(5)消防機関又は消防機関と連携するコールセンターを介して、患者等搬送事業者による搬送サービスの提供を受ける患者

介護タクシーを使える人はどんな人

わかりやすく解説しますね。
一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送限定用)はいわゆる「介護タクシー」の事です。(1)〜(5)は「利用できる人」です。

(1)は要介護1〜要介護5までの人
(2)は要支援1〜要支援2までの人
(3)は身体障害手帳を持っている人
(4)(5)はそのものズバリです。

ここで注視して頂きたいのが(4)です。

■(4)上記(1)〜(3)に該当する者のほか、
(4)の内容はそのものズバリなので理解頂けると思います。
「介護タクシー」=「高齢者」とイメージしがちですが、
(4)に当たる方には年齢は関係ないです。

少し深掘りしてみましょう。
(4)上記(1)〜(3)に該当する者のほか、肢体不自由、内部障害、知的障害及び精神障害その他の障害を有する等により単独での 移動が困難な者であって、単独でタクシーその他の公共交通機関を利用することが困難な者

とあります。
「該当しない、その他の障害で一人での移動が困難な方」は利用できます。
例えば、救急車で病院に搬送され、治療後に車椅子が必要になり、一般の車では帰宅が困難になった。
この様な場合は、ご利用できます。

その他にも、急に車椅子が必要となる場合があると思います。
しかし状態によっては、利用できないケースもございますので、先ずはご連絡ください。

■ まとめ

これで介護タクシーを利用できる人が分かったと思います。

【宣伝】
弊社「Sakura Sunny」は幅広くご利用して頂きたく
肢体不自由、内部障害、知的障害及び精神障害の方、単独でタクシーその他の公共交通機関を利用することが困難な方にも積極的にサービスを行なっております。また夜間・休日も対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

というわけで、今回は以上となります。
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。

あなたのお役に立てれば幸いです。

PageTop

sakura sunny

Copyright(C) Sakura Sunny All Right Reserved.