介護保険制度|sakura sunny(サクラサニー)は地域に根ざした高齢者(シニア)生活支援サービスを提供しています。

sakura sunny
  • HOME
  • Company
  • MAIL

介護保険制度

介護が必要な高齢者などに、介護費用の一部を給付する制度が「介護保険制度」です。これは自分の老後もそうですが、家族に介護が必要になった場合にサポートを受けられる、とても心強い存在となります。
自分も家族もまだまだ元気だと思っていても、いつどのようなタイミングで介護が必要な状況が訪れるかを予測することはできません。特に高齢化が進む社会の中では、自分を含めた身近な人が脳梗塞や認知症になる可能性が年々高くなっています。
介護というものは「介護疲れ」という言葉があるように、思っているよりも大変なことです。生きていれば様々なリスクや困難がありますが、問題に直面した際に社会全体で助け合う相互扶助システムが社会保障制度であり、介護保険制度もその中のひとつです。

介護保険制度

介護保険制度の仕組み

給付を受けるためには各市町村や専門機関に一定の手続きをし、どの程度介護が必要なのかを判断してもらわなければいけません。
介護サービスを利用するためには、各市町村より「要介護認定調査」を受け、介護サービスの利用計画(ケアプラン)を作成する必要があります。
要介護認定調査の結果には、「自立、要支援、要介護」があって、結果によって受けられるサービスに違いが生じます。自立は自分で日常生活が送ることができて介護サービスが必要ない状態ですが、要支援は1〜2、要介護は1〜5の7段階に分類されます。
介護サービスの利用計画(ケアプラン)は、介護が必要な家族とその家族の状況や希望をふまえて、支援の方針や様々な課題や提供される介護サービスの目標などをまとめた計画書です。これはケアマネージャーに依頼すれば無料で作成してもらうことができますし、介護を受ける本人や家族が作成することも可能です。

下表に示した状態は平均的な状態です。
したがって、実際に認定を受けた人の状態がこの表に示した状態と一致しないことがあります。

要支援

要支援1 (1)居室の掃除や身の回りの世話の一部に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
(2)立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とすることがある。
(3)排泄や食事はほとんど自分ひとりでできる。
要支援2 (1)見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
(2)立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。
(3)歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とすることがある。
(4)排泄や食事はほとんど自分ひとりでできる。

要介護

要介護1 (1)見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
(2)立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。
(3)歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とすることがある。
(4)排泄や食事はほとんど自分ひとりでできる。
(5)問題行動や理解低下がみられることがある。
要介護2 (1)見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話の全般に何らかの介助(見守りや手助け)を必要と
する。
(2)立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。
(3)歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とする。
(4)排泄や食事に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とすることがある。
(5)問題行動や理解低下がみられることがある。
要介護3 (1)見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話が自分ひとりでできない。
(2)立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作が自分ひとりでできない。
(3)歩行や両足での立位保持などの移動の動作が自分でできないことがある。
(4)排泄が自分ひとりでできない。
(5)いくつかの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
要介護4 (1)見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話がほとんどできない。
(2)立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作がほとんどできない。
(3)歩行や両足での立位保持などの移動の動作が自分ひとりではできない。
(4)排泄がほとんどできない。
(5)多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
要介護5 (1)見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話がほとんどできない。
(2)立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作がほとんどできない。
(3)歩行や両足での立位保持などの移動の動作がほとんどできない。
(4)排泄や食事がほとんどできない。
(5)多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
※ 要支援(予防給付対象者)と要介護(介護給付対象者)はどう違いますか。
要支援となるのは、サービスの利用によって心身の状態が改善する可能性が高いと判断される人です。
具体的には、不活発な生活によって筋力低下や低栄養などに陥っている人(廃用症候群)等が考えられます。
ただし、上記のような人でも認知症が進行していたり、疾病が外傷で心身の状態が不安定な人は要介護となります。

PageTop

sakura sunny

Copyright(C) Sakura Sunny All Right Reserved.